道草しながらデジカメと遊ぶ


by mekkemonn
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

秋津遺跡説明会  2010・11・28

4世紀前半最大級の施設が見つかり、御所市の「秋津遺跡現地説明会」に参加させてもらいました。
有力豪族の「葛城氏」か「大和政権」が関与した可能性がある「空白の4世紀」と知る重要な遺跡との事です

c0148762_863295.jpg

10時より説明会との事だが駐車場は満車に近いほどでした。9:10am
京奈和道路が出来るについて巨勢山にトンネル工事が行われている。
c0148762_972132.jpg

考古学ファンが長蛇の列、この最後の列に並んだ。
c0148762_913055.jpg

受付で説明会資料をもらう。
c0148762_916484.jpg

展望台デッキより西の方角を見る。前回昨年の北側の遺跡説明会に参加出来ませんでした。
今回北側に続き南側の遺跡説明会でした。
空はどんよりとして葛城山の紅葉も薄っすらと見える。大和は金剛おろしが寒い!!
c0148762_9255397.jpg

c0148762_928560.jpg

南側より北を見る。「竪穴住居群」
c0148762_931822.jpg

   竪穴住居群の東側 「中近世の耕作痕」
c0148762_9343483.jpg

橿考研の方の説明を聞く。
この方が分かり易く説明してくださって、よくわかりましたよ。有難う感謝です。
ご本人曰く「これからも、まだ,まだ発掘する作業があって寒さに耐えなければいけないので薄着で頑張ってます」との事です。ホントに寒かった~020.gif
c0148762_105531.jpg

説明が終わって皆さん一列に並び資料とにらみっこしながら
写真撮影したりで研究員の方に質問したりで中々前に進みません~。
c0148762_1032073.jpg

c0148762_954523.jpg

               北東より撮影。
c0148762_9595471.jpg

         柱を据えて固定した大型の掘立柱建物跡。
                「空中通路」の南側より
c0148762_1094433.jpg

                    井戸?
c0148762_10134967.jpg

                「方形区画施設」
c0148762_10141379.jpg

                   「竪穴住居」
c0148762_10202145.jpg

「井戸」?「真ん中の仕切りはなんですか?」の質問に「土の層が分かるように残した」との事です。
c0148762_10274593.jpg

                  「遺物展示会場」
前回の調査地、北側の川跡に供物を置く高杯(たかはい)などの祭祀用具が大量に捨てられていることから
「内部を清浄に保ち祭祀を行った施設の可能性がある」との事です。

c0148762_10451027.jpg
c0148762_10452487.jpg

c0148762_10482113.jpg
c0148762_10483765.jpg
c0148762_10485049.jpg
c0148762_10491995.jpg
c0148762_10493450.jpg

井戸から見つかった杭(くい)は当時の物とは思えないほど生々しいものでした。
c0148762_10494873.jpg
c0148762_10504224.jpg
c0148762_1051222.jpg
c0148762_10511834.jpg
c0148762_10513428.jpg

現在近畿圏の外郭環状道路の一部として京奈和道路が建設中です。
京都市を起点として奈良県を北から西に抜けて和歌山市に至る全長120kmの高速道路です。
開通したらドライブしたいものです。
[PR]
by mekkemonn | 2010-11-30 11:27 | 歴史探訪