道草しながらデジカメと遊ぶ


by mekkemonn
カレンダー

<   2008年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

錦織公園

08.2.24
徒歩で買い物に行き、公園の中を遠回りして帰った。お天気も良しコンビニで昼食におにぎりを買い公園で食べる。
c0148762_1010348.jpg

お腹が空いているのか、2匹の猫ちゃんが傍に寄って来て食べ物をねだる。我が家のみぃこと違って何でも食べた。おにぎりはもちろんの事チョコレートまでたいらげた。
  c0148762_1005371.jpg
c0148762_1011394.jpg







「食べた後はお顔の手入れ」   公園内の「河内の里」にも。。。。
                     この子は病気らしい!
[PR]
by mekkemonn | 2008-02-27 10:14 |

烏帽子形城跡

c0148762_15505457.jpg

標高182mの頂上部分の本丸跡です。あまり広くない場所でした。
楠木正成が赤坂城の出城として築かれたのが最初とのことです。
c0148762_1559246.jpgc0148762_1601045.jpg






   「復元予想図」                「城跡の本丸石塔」
c0148762_1634079.jpgc0148762_164046.jpg






本丸跡より少し下った所の「こなら広場」     「古墳への道」
c0148762_169171.jpgc0148762_1694048.jpg






   「古墳広場」                    「古墳図」
c0148762_16134022.jpg
              「古墳広場の古墳説明板」
c0148762_16145450.jpg
          本丸広場より河内長野市街が見渡せます。
[PR]
by mekkemonn | 2008-02-24 16:19

烏帽子形神社

c0148762_11261183.jpg

c0148762_1127167.jpg

   「烏帽子形山にある神社で重要文化財烏帽子形神社本殿」
c0148762_11305938.jpg

              「楠公武威の松由来」
楠正成(1336年湊川の戦いで死去)が武運を祈願して植えたとされる老松の巨木がここにそびえていましたが、昭和9年(1934年)の室戸台風で倒木した600年の寿命が閉じました。
          (烏帽子形神社境内の説明板)
[PR]
by mekkemonn | 2008-02-22 11:41 | 神社仏閣

大江神社

c0148762_19182633.jpg

大阪四天王寺の鎮守で聖徳太子が祀られている。この階段を上がった所に本殿がある。
c0148762_19212450.jpg

             「大江神社本殿」
c0148762_1958632.jpg

狛犬の横にタイガースグッズが優勝祈願か?優勝お礼なのか?いっぱい張られていた。
[PR]
by mekkemonn | 2008-02-20 19:28 | 神社仏閣

みぃこ

c0148762_19135821.jpg

    ストーブの前で大名気分で~す。
c0148762_19142175.jpg

[PR]
by mekkemonn | 2008-02-18 19:16 |

映画鑑賞後

c0148762_1847727.jpgc0148762_18472450.jpg






映画「アース」を観て阿倍野まで歩いた。その時、とある家の垣根から顔を出したこの子が豹にみえた。一心寺付近で。。。
c0148762_18485336.jpg

天王寺公園付近で一人のおじさんが8匹の猫ちゃんに餌をやっている所に出会いました。毎日餌をやりに来るとの事でした。
c0148762_1851755.jpgc0148762_1853820.jpg
[PR]
by mekkemonn | 2008-02-18 19:06 |
c0148762_181518.jpg

菅原道真が大宰府に流される折に、河内道明王寺で
伯母(覚寿尼)に今生の別れを告げに、この地にきました。
九州へ船旅のため乗船しょうとした時に、海上の波が荒れ船待ちのために暫らくこの地で安らいだため「安居」の名が起きたらしい。
c0148762_18224674.jpg

     安居天神の境内には、真田幸村戦死跡の碑があります。
[PR]
by mekkemonn | 2008-02-18 18:34 | 神社仏閣
京奈和自動車道「御所区間」の発掘調査で橿原市川西町と大和高田市根成柿にまたがる弥生時代前期(2,300年前)の集落を確認する遺跡が発見されました。
遺跡見学と現地説明に参加させてもらいました。
c0148762_21575110.jpg

               「南北に広がる集落跡」
c0148762_2221855.jpg

          「金剛山と葛城山を望む集落の入り口」
遺跡が立地する場所は、縄文時代後期頃に出来た少し小高い地で周囲よりも高くて安定した地盤なので水害等によって見を守ると言う利点で済みやすい、この土地を選んで集落が営まれたとのことです。
c0148762_22115489.jpgc0148762_22121514.jpg






このように東西方向に大溝が3条ずつめぐらされています。
  c0148762_22272750.jpg
c0148762_22275026.jpg










c0148762_22293159.jpg

c0148762_2232326.jpg

食器、調理道具の土器、石包丁や石斧(せきふ)などの石器、鍬(くわ)、竪杵(たてぎね)などの農具類などの木製品が大量に出土したそうです。製作途中の物が沢山見つかっているので、集落内で製作されたのは間違いないとのことです。
とても寒い日でしたが、沢山の考古学ファンの方々でいっぱいでした。今の私たちは、便利で快適な生活を送っていますが、この集落で生活を営んでいた人たちがあって、現在の私たちの幸せが有るんだなぁ~と感謝の気持ちと私たちのルーツを見た思いです。
[PR]
by mekkemonn | 2008-02-16 23:00