道草しながらデジカメと遊ぶ


by mekkemonn
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2009年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

綿の花 09.7.30

c0148762_830428.jpg
「米国産綿の花」友人より種を頂いて八十八夜に蒔きました。003.gif







c0148762_8302182.jpg
「米国産綿の実」一番咲きの花には種が出来てます。004.gif







c0148762_84122100.jpg
「日本産綿056.gifの花」同じ日に種を蒔いたのに何日か遅れて花が咲きました。038.gif
[PR]
by mekkemonn | 2009-07-30 08:49 | 花と実

国道156号線

c0148762_7343631.jpg

長良川線「洲原駅」より発車した電車、R156の車中より撮影。右側には長良川があって鮎釣りの人が見えます。川の水量、所々には岩がありここまで来て長良川の素晴らしさを感じました。
c0148762_7432232.jpg

c0148762_745147.jpg

                長良川線「郡上八幡駅」
[PR]
by mekkemonn | 2009-07-25 07:50 | 小さな旅

郡上八幡 そば八

c0148762_7315256.jpg
c0148762_7322871.jpg

郡上八幡の町で「そば甚」30分の待ち時間が出来ず美濃方面へ走行、ここでも11時オープンなので諦めて
昼食は持参のおにぎりで済まし、帰りに寄る事にした。(pm5:00)
c0148762_744196.jpg
c0148762_7443871.jpg

違うメニューを注文し分け合って食べる事にした。色々食べられて効率的です。006.gif
店の構えに釣られて入ったが味はイマイチでした。二度と入る事はありません011.gif
[PR]
by mekkemonn | 2009-07-24 07:51 | ランチタイム

円空岩

c0148762_83695.jpg

岐阜県美濃市の円空岩付近には沢山の「オカトラノオ」が咲いていました。
c0148762_8382361.jpg

                 「キツリフネ」
c0148762_9291882.jpg

                 「   ?  」
[PR]
by mekkemonn | 2009-07-21 09:30 | 花と実

郡上八幡城下町

c0148762_19154935.jpg

午後4時30分より郡上おどりがあり見上げると大きな提灯が下がっていました。
c0148762_1926528.jpg

c0148762_19273100.jpg

c0148762_19354251.jpg

稲荷神社の岩の上に鳥がとまっており造り物と思っていたら本物でした。
 c0148762_19275741.jpg   c0148762_192897.jpg








鳥(サギ?)も猫もお祭りムードです。
c0148762_19412230.jpg

吉田川に架かる宮ケ瀬橋より撮影。長良川最大の支流で市街地の中央を流れています。
山の上に郡上八幡城を遠望。
c0148762_19463683.jpg

子駄川に架かる清水橋。吉田川の支流で川沿いの石畳を歩くとひんやりとした風と綺麗な水と何とも言えない心地よさでした。吉田川と子駄川の合流地点に「宗祇水」と呼ばれる清水が湧いています。
c0148762_2062743.jpg

「宗祇水」の入り口。
c0148762_208463.jpg
c0148762_201402.jpg








街の中を流れる水は豊富できれいです。
c0148762_2019540.jpg

「宗祇水」名水百選にも選ばれた湧き水で、古くより城下町の生活用水として利用されています。
連歌始祖「飯尾宗祇」がこの水を愛飲していた事から命名されました。
昭和60年水の町のシンボルとして環境庁の名水百選に指定されました。
c0148762_2035371.jpg

岐阜県美濃市「うだつ」の上がる町並み。
c0148762_20393810.jpg

c0148762_20413627.jpg

c0148762_21183931.jpg

「うだつ」とは隣家の境界に取り付けられた土造りの防火壁の事で、これを造るには相当の費用が掛かったため、裕福な家しか設ける事が出来ませんでした。「うだつ」が上がると言うことは富の象徴であったそうです。
[PR]
by mekkemonn | 2009-07-19 21:14 | 小さな旅
c0148762_8451317.jpg

     市内八幡町市街地より遠望。
c0148762_8552355.jpg

 旧二の丸跡「土霊水」説明板によると八幡城(郡上、又は積水城)
永禄2年(1559)「遠籐六左衛門盛数」によって築城されて以来五氏19代の居城となったが天正16年(1588)稲葉貞通が遠藤氏に代わって領有したのち城郭を改修して、この地に本丸を構え、この門内にあたるここに井戸を掘った、爾来夏は冷たく冬暖かい滋味豊かな水が浪々として尽きず、稲葉、遠籐、井上、金森、青山の歴代城主が御殿を構えて日々の飲料水として愛用したいわれを持つものである。
c0148762_9433483.jpg
 
            「旧二の丸跡に立つ銅像」
NHK大河ドラマでも取り上げられた山内一豊夫人千代は、ドラマの中では原作に従って近江の出身と描かれましたが郡上では、初代八幡城主遠籐盛数の娘「山内対馬守室」一豊の妻とする系図が各所に残されてきました。
近年には、郡上説を裏付ける高知県からの家系図、陣立図などの資料も発見されてい
るそうです。
c0148762_1022236.jpg

      徒歩で登る。
c0148762_1052015.jpg

       「首洗い井戸跡」
今は駐車場になっているが、以前は杉や雑木の生い茂った湿地帯で、この付近に「浅井戸」があり井戸の周りには蟇蛙(がまがえる)が群生し、昼も薄暗い陰惨な場だったそうです。今は埋め立てられて跡方も無いが、その昔この浅井戸は「首洗いの井戸」と言い継がれ、慶長の合戦に際して討ち取られた寄せ手の名のある武士の血や泥で汚された首が、洗い浄められ首実験に供されたそうです。
何だか薄気味の悪い所でした。ここを通り城へ入ります。
c0148762_10421094.jpg

              模擬 「隅櫓」
c0148762_10461316.jpg

      城内に入ると二つの石があった。
c0148762_1048568.jpg

                   「説明板」
c0148762_1050355.jpg

  天守閣の下力石付近より「郡上八幡の町」と遠くに「東海北陸道」を望む。
c0148762_10535647.jpg

             模擬「天守閣」
c0148762_11165980.jpg

石垣は本物ですが土塀や御門は模擬です。昭和8年に建てられたとの事。
c0148762_11192937.jpg

           城内に咲く花「ねじ花」
[PR]
by mekkemonn | 2009-07-16 11:25 | 小さな旅
c0148762_9323137.jpg

AM2:00出発名神高速「多賀」SAに4:03辺りはまだ真っ暗闇でした。
c0148762_9384249.jpg

名神高速「伊吹」SAにて AM4:29
c0148762_9414858.jpg

   AM4:33 伊吹山が雲海で見られません。
c0148762_9453544.jpg

東海北陸道「美濃賀茂」付近撮影。
c0148762_953116.jpg

東海北陸道より「郡上八幡城」望む。AM6:33 雲海に聳えるお城は幻想的です。高速道路「郡上八幡」で降りお城へと行きます。
[PR]
by mekkemonn | 2009-07-14 10:00 | 小さな旅
c0148762_14401447.jpg
c0148762_14402516.jpg

           「和歌山やっちょん広場付近にて」
c0148762_14462198.jpg

新鮮で安いのでここまで来る価値があります。雨上がりでガスが上がる山の風景もあわせて価値があります。
[PR]
by mekkemonn | 2009-07-12 14:51 | 風景

余呉湖 09.6.14

c0148762_20362063.jpg

「余呉湖アジサイ園」
c0148762_20375865.jpg

c0148762_20384580.jpg

湖周の一角にある約1万本のアジサイ園です。賤ヶ岳によって琵琶湖と隔てられていて琵琶湖より49m水面が高く余呉川を通って琵琶湖に注いでいます。
時期が少々早くて私たちが訪れた時は、満開時ではありませんでしたがあじさい園の向こうには余呉湖が見え一服の清凉剤になりました。016.gif
[PR]
by mekkemonn | 2009-07-08 21:01 | 花と実
09.7.4
c0148762_810840.jpg

c0148762_8541287.jpg

遺跡の総面積は約60万㎡と推定され、その中心部は国の史跡に指定されています。
c0148762_8105140.jpg

             「国道26号線より撮影」
   「全国屈指の規模と内容を誇る弥生時代の集落遺跡」
c0148762_8124319.jpg

c0148762_8155119.jpg
c0148762_8365824.jpg




 「遺跡中心部で80疊の広さを持つ大型建造物」


c0148762_8175954.jpg

c0148762_8185931.jpgc0148762_8193629.jpg







楠の木をくり抜いた直径2mの井戸が発掘されました。
(井筒は東大阪市より寄贈され復元したもの)
c0148762_8554079.jpg

[PR]
by mekkemonn | 2009-07-05 09:09 | 歴史探訪