道草しながらデジカメと遊ぶ


by mekkemonn
カレンダー

<   2009年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

c0148762_7473339.jpg

c0148762_7481955.jpg

                    「拝殿」
c0148762_7491043.jpg

                    「なで牛」
表情が愛らしく、つぅんと澄ました「撫で牛」は学業成就を祈願する人は頭を、病気平癒を願う人はその病気に関わる場所を撫でながら願い事をします。
c0148762_7563643.jpg

       境内の天然記念物ネズの老樹 「ネジレの木」
c0148762_7594289.jpg
「仏の座」春の七草ですが、ほとんど一年中見られます。朝露に濡れた花はとても綺麗です。





c0148762_7595876.jpg
「マユミ」昔この木で弓を作ったので「真弓」になったとの事です。
ピンク色の実が割れてオレンジ色の種子が出てくる、この様子がとても美しい!!
春この若葉を菜飯にして食べると美味しいらしい。011.gif
[PR]
by mekkemonn | 2009-11-21 08:34 | 神社仏閣
          「京都府木津川市加茂町例幣にあるお寺」
c0148762_8573394.jpg

                    「本堂」
c0148762_91118.jpg

               「五重の塔」(国宝
              鎌倉時代初期(1214年)高さ17.7m
天平7年(735)「聖武天皇」の勅願により、東大寺の「良弁(ろうべん)僧正」が開創されたと伝えられています。
           12月18日は中風封じの大根炊きが有名です。
c0148762_9102855.jpg

c0148762_9132538.jpg

                境内の紅葉、黄葉が綺麗です。
[PR]
by mekkemonn | 2009-11-20 09:14 | 神社仏閣
c0148762_8135071.jpg

鎌倉時代」に奈良「般若寺」の僧「真円上人」が泉橋寺を再興し、地蔵石仏を造立しました。
もとは地蔵堂に納まり台座、光背を備えていました。
応仁の乱で地蔵堂は「大内政弘」に焼き払われ、江戸時代に頭部と両手が修複され露座で曝す姿になります。
日本最大の地蔵仏として雄大な姿を留めています。高さ4.58mあります。
応仁の乱:応仁元年(1467) 室町幕府菅領「細川勝元」と「山名持豊出家して山名宗全)」との対立に
室町時代8代将軍「足利義政」には実子がなく弟の「義視(よしみ)」を跡継ぎに決めたが、その翌年妻の日野富子が「義尚(よしひさ)」を生みこれを将軍に立てようとしたため両者の跡継ぎ争いがおこった。
[PR]
by mekkemonn | 2009-11-19 09:16 | 神社仏閣

黄葉 09.11.16

c0148762_6175319.jpg

            「大仏池より東大寺大仏殿を望む」
c0148762_6204046.jpg

                 「大仏池より」
c0148762_6245692.jpg

[PR]
by mekkemonn | 2009-11-18 06:25 | 風景
c0148762_8295517.jpg

        「泉橋寺山門」(京都市木津川市山城町上狛)
「奈良時代の僧、行基によって木津川に架けられた泉大橋を守護、管理するために建立された寺院」
c0148762_837112.jpg

                 「五輪塔」(重要文化財)
「境内にある五輪等は鎌倉時代後期光明皇后の遺髪塔といわれてきましたが、境内での移転の祭には多くの遺骨や黒くなった盃が出たそうです。 又今の五輪塔の下に埋めたそうです。」
               (住職さんの奥様によるお話でした)
[PR]
by mekkemonn | 2009-11-17 08:51 | 神社仏閣
c0148762_83257.jpg

「やっちょん」付近「紀ノ川」より柿の葉の紅葉が綺麗!!
c0148762_85594.jpg

山一面の紅葉は見事です。
c0148762_865897.jpg

もみじの紅葉も綺麗ですが、柿の葉の紅葉もきれいです。見ごろももう少しですね。010.gif
[PR]
by mekkemonn | 2009-11-16 08:10 | 風景
c0148762_8552793.jpg

「東吉村滝野町」紅葉の滝への道。
c0148762_9142292.jpg

白馬寺から100m程歩いた所に「投げ石の滝」があります。森閑として心落着く場所です。
c0148762_9202255.jpg

「白馬寺」住職が居られないお寺だそうですが、ここに村の婦人たちでお正月用のしめ縄を作って居られたので見せていただきました。
c0148762_9323971.jpg

藁で筒状に編んだところにお供え物をいれてしめ縄に吊るすとの事。
c0148762_9352087.jpg

今年採れた稲の藁から作るそうです。もう!お正月もそこまで・・・そんな時期になりましたね037.gif
[PR]
by mekkemonn | 2009-11-15 09:42 | 小さな旅
「談山神社の由来」
藤原鎌足と中大兄皇子が大化元年(645)5月大化の改新の談合をこの多武峰にて行い、後に談い山(かたらいやま)「談所の森」と呼んだことによるそうです。
c0148762_759734.jpg

          「談山神社楼門」(重要文化財)                     
天武天皇9年(680)講堂が創建された。そこを妙楽寺と号した。
c0148762_84266.jpg

c0148762_853736.jpg

             「十三重の塔」
「十三重の塔」の東に藤原鎌足の木像を安置する祠堂(現在本堂)が建立され「聖霊院」と号した。
c0148762_882448.jpg

                「拝殿より」
c0148762_8261918.jpg

               「参道に並ぶお土産店」
c0148762_8281098.jpg

            境内に「庵羅樹」の木があります。
c0148762_8284854.jpg

                  「庵羅樹(あんらじゅ)」
カリンによく似た実で香も似てます。蜂蜜に漬けると咳止めに良いとの事です。
[PR]
by mekkemonn | 2009-11-14 08:37 | 神社仏閣
c0148762_8232863.jpg
c0148762_8234226.jpg

玄関に置いてあったビニール袋に頭を突っ込んでまるでお引越しです。
[PR]
by mekkemonn | 2009-11-13 08:27 |
c0148762_8383234.jpg

「奈良県宇陀市菟田野町佐倉」にある「桜実(さくらみ)神社拝殿」
c0148762_8422811.jpg

                  「八つ房の杉」
神武天皇が大和平定のために陣を張っている時に植えられたものと伝えられ、桜実神社の境内にある巨木です。一つの株から伸びた八本の幹から互いに絡み合い、ある幹は途中で一本になり又再び分かれる珍しい樹形です。
樹齢2000年
根元周囲9m
樹高14m      昭和7年4月25日国指定記念物
[PR]
by mekkemonn | 2009-11-12 08:56 | 神社仏閣