道草しながらデジカメと遊ぶ


by mekkemonn
カレンダー

<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ひな祭り

c0148762_15331269.jpg

         もう!!じきひな祭りです。幾つになってもお雛さま024.gif
[PR]
by mekkemonn | 2010-02-18 15:35 | 絵手紙
c0148762_9173453.jpg

              「飛鳥寺西門跡」
       飛鳥寺は「蘇我馬子」が593年に建立
c0148762_915111.jpg

           飛鳥寺西門跡の西に五輪塔が建っています。 
蘇我邸宅があった「甘樫丘」が見える場所に「大化改新」で討たれた「蘇我入鹿の首塚が」あります。       
[PR]
by mekkemonn | 2010-02-17 09:35 | 明日香散策

みぃこ 10・2・15

c0148762_7143979.jpg

テレビの上段でよく寝ていたみぃこでしたがこの時間には・・・
c0148762_7164789.jpg

          裸で失礼~
ノルディックスキー複合個人のノーマルヒルでは、小林範仁さんが後半距離で一時首位に立つ快走を見せて 7位に入賞しました。頼もしいですね。066.gif
わが家ではみぃこも応援にくわわりました。041.gif
c0148762_7243369.jpg

            熱心な応援です。
c0148762_7255584.jpg

c0148762_726384.jpg

    時々手も出したくなります。力が入るんですよ。004.gif
c0148762_7285723.jpg

         この姿勢は疲れますぅ~。ちょっと一息!!
         早く服を着なくっちゃ風邪引きますよ~!!
[PR]
by mekkemonn | 2010-02-16 07:34 |
             奈良県明日香村岡にあります。
c0148762_8314264.jpg

〇十年前に訪れた時はぬかるんだ道でしたが、今回は綺麗に舗装され時の流れを感じました。
c0148762_8362580.jpg

         青々とした竹薮に囲まれた階段を登ります。
c0148762_8382216.jpg
c0148762_8384490.jpg
c0148762_8385842.jpg
c0148762_8391520.jpg

明日香の謎の石造物の一つで長さ約5,5m 幅約2,3m 高さ1mで花崗岩に浅いくぼみを掘って細い溝でつないでいます。
酒を造ったのではないか?油を絞ったのではないか?といわれていますが、現在どういう目的で作られたのか分かっていません。
竹薮の静かな所にほつんと淋しそうでしたが時折見学に訪れる人があり、ホットさせられました。
c0148762_854967.jpg

この道を降ると亀形石造物があるところに出ます。
c0148762_97537.jpg

       山茶花の間より覗かせてもらいました。
c0148762_991397.jpg

              「イヌノフグリ」
[PR]
by mekkemonn | 2010-02-15 09:11 | 明日香散策

きり絵 10.2.11

c0148762_8575438.jpg

初めてのきり絵に挑戦です。中々カッターが思うように動いてくれません007.gif
[PR]
by mekkemonn | 2010-02-14 09:05 | 絵手紙
わが家のお墓がある「西方院」の向いに「磯長山(しながさん) 叡福寺」があります。
c0148762_7201438.jpg

山門(南大門)をくぐると真正面に「聖徳太子廟」があります。
c0148762_7342912.jpg

          境内から「南大門」を見る。
c0148762_7512317.jpg

c0148762_7364470.jpg

聖徳太子」が推古28年(620年)に墓所を造営、翌年太子の生母「間人(はしひと)皇后」が死去されたのでこの墓に葬り、推古30年(622年)太子と妃の「膳手(かしわで)姫」が同時になくなり同じ墓に葬られたとされています。結果三骨一廟の陵墓になったとの事です。

太子没後に、「聖武天皇」の勅願により太子の墓を守り、霊を鎮めるため神亀元年(724年)に「叡福寺」が建てられました。
c0148762_7531641.jpg

南大門」をくぐって左側(西側)に「多宝塔」重要文化財があります。
c0148762_86050.jpg

さつきの花が咲く頃に撮影したものです。真正面が「聖徳太子廟
c0148762_891476.jpg

                  「多宝塔・金堂
c0148762_8102870.jpg

太子町春日より「聖徳太子廟」を遠望。

日本初の女帝で叔母にあたる「推古天皇」の摂政、31歳で日本最古の成文憲法「17条憲法」を起草した。
第一条に「和をもって貢とし、さからうことなきを宗とせよ」という有名な言葉を書かれ、
第10条には、「われ必ずしも聖にあらず、かれ必ずしも愚にあらず」とある。
人は誰でも優れたところも愚かなところも持った平凡な存在なのだから重要な事は和を持って互いに議論し合って決めようではないか」という趣旨の事だそうです。
c0148762_8364189.jpg

              太子町にはこんなマンホールがあります。
          色々と勉強させてもらった今回の「梅鉢御陵」巡りでした。
[PR]
by mekkemonn | 2010-02-13 08:54 | 歴史探訪
c0148762_7305716.jpg

孝徳天皇陵より太子町の住宅を通り田園風景を見ながら推古天皇陵がもうすぐです。
c0148762_7274069.jpg

c0148762_7424590.jpg
c0148762_7431637.jpg

      南河内郡太子町山田にあり、3段筑成の方墳。
    東西61m、南北55m、高さ12m 周囲7mの空壕を巡らす。

      御父 欽明天皇   第3皇女 
      御母 堅塩媛(きたしひめ) 蘇我稲目(そがのいなめ)の娘

18歳で異母兄「敏達天皇」の皇后となり34歳で未亡人。「敏達天皇」との間に2男5女を儲ける。
蘇我馬子の姪にあたる。
異母弟の「崇峻天皇」崩御あと「蘇我馬子」の擁立によってわが国の最初の女帝。
c0148762_8534529.jpg

この日はとても寒い日でしたが天皇陵の風よけできて日当たりの良い場所があり昼食代わりの手つくりおはぎを食べる。これがとっても美味しく「紅乃屋」のおはぎに負けないくらいでしたよ(@⌒~⌒@)
こんな看板を見ながら車を止めた用明天皇陵へ・・・
c0148762_8392671.jpg

車で聖徳太子廟へ・・・
[PR]
by mekkemonn | 2010-02-12 08:42 | 歴史探訪
c0148762_8442440.jpg

竹内街道沿いに「36代孝徳天皇 大阪磯長陵(おおさかのしながのみさき)」があります。
c0148762_8515830.jpg

        緩やかな坂道の街道を歩きます。
c0148762_856228.jpg

     右手に「餅屋橋」を見ながらまだまだ坂道を歩きます。
c0148762_8592668.jpg

c0148762_912789.jpg

c0148762_92328.jpg
c0148762_924282.jpg

       御父 敏達天皇 (悲劇の皇子有間皇子(ありまのみこ)の父
       御母 吉備姫 (欽明天皇の孫)
       皇后 間人皇女 (はしひとひめ) 舒明天皇の娘
 c0148762_10143282.jpg      c0148762_10264630.jpg














御陵への道には八重咲きの椿の花が咲いてゆったりとした時間がタイムスリットした様でした。
このあと推古天皇陵へ・・・       
[PR]
by mekkemonn | 2010-02-11 10:49 | 歴史探訪
c0148762_743199.jpg

          用明天皇陵に駐車。
c0148762_893078.jpg

駐車場よりこの道を歩いた所右側が天皇陵です。
c0148762_74746100.jpg
c0148762_7481511.jpg

        「31代用明天皇・大兄皇子 橘豊日尊(たちばなのとよひ)」
 御父 欽明天皇
 御母 蘇我堅塩媛(そがのきたしひめ)  
 蘇我稲目の娘
    聖徳太子の父

三段筑成で東西67m、南北83m、全長15m以上の横穴式の石室、7世紀前半の築造。
構造は大和石舞台古墳と著しく類似しているので同一プランで作られたものと思われる。
c0148762_8221428.jpg
c0148762_8232532.jpg

用明天皇陵周囲では、どんどん開発が進み住宅が建ちつつあります。やがては御陵全景は見られなくなるかも・・・

このあと竹内街道のにある「孝徳天皇陵」へ徒歩にて・・・
[PR]
by mekkemonn | 2010-02-10 08:26 | 歴史探訪
わが家からそう~遠くはない所の御陵めぐりに出発です。
太子町は、南河内郡の東南で二上山を跨いて大阪と奈良県の府県境に位置しています。
太子町には梅の花びらが5枚あることに因んで梅鉢御陵と呼ばれています。
敏達・用明・推古・孝徳天皇陵・聖徳太子廟です。
先ずは、敏達天皇陵へ・・・
c0148762_116367.jpg

          車をここに駐車して歩きます。
c0148762_1191573.jpg

c0148762_11105260.jpg
c0148762_1111860.jpg

           御父 29代 欽明天皇
           御母 皇后石姫(いしひめ)皇女
 
   欽明天皇の第2皇子で敏達天皇(30代)と実母石姫皇女の合葬陵です。
c0148762_11302311.jpg

                 敏達天皇陵より二上山を望む。
          このあと用明天皇陵へ・・・
[PR]
by mekkemonn | 2010-02-09 11:34 | 歴史探訪