「ほっ」と。キャンペーン

道草しながらデジカメと遊ぶ


by mekkemonn
カレンダー

<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

c0148762_82233.jpg

昨年明日香散策の折一株採集した白色のタンポポが咲きました。ちょっと珍しいかな?
タンポポは黄色とばかり思っていましたが白いタンポポが黄色いタンポポより一足先に咲きますemoticon-0104-surprised.gif
[PR]
by mekkemonn | 2010-03-31 08:06 | 花と実
奈良県御所市玉手に在ります「日本武尊・白鳥陵」を訪れる
この日は桜の花が咲いているにも関わらず雪がちらつく寒い日でした
c0148762_7553395.jpg

              「白鳥陵」遠望
c0148762_7563765.jpg

 c0148762_757874.jpg
c0148762_86273.jpg
















日本武尊(ニホンタケルノミコト)」は「第12代景行天」の子で「仲哀天皇」の父です。


              《白鳥伝説
父の「景行天皇」から、朝廷に服従しない熊襲・出雲など征討するように命じられ運勢もないまま征討に赴き西国を平定し、やっとの思いで大和に帰ってくるが休む暇なく父から東国の蝦夷(えぞ)を征討せよと命じられる。
その命令を受けた「日本武尊」は伊勢にいた叔母「倭比売命」に自分の不遇を訴えている。幾多の苦難の末東国を征討するが、その帰る道中伊吹山の神との戦いに敗れ傷を負いながらも「日本武尊」は大和へ帰ろうとする。亀山市(能褒野)に辿りついた時、ついに力尽きその地で死んでしまう。能褒野(のぼの)に葬られた「日本武尊」は白鳥となって旧邑(ふるいちむら)現在羽曳野市に降り立ちその後何処ともなく飛び立ったと古事記・日本書紀は伝えている。

「日本武尊」の名前は余りにも有名な人物なので子供の頃からよく知っていましたが実在する人とは思われなかったので改めてその当時の事が想像されました。
[PR]
by mekkemonn | 2010-03-30 09:08 | 歴史探訪
c0148762_819026.jpg

千早赤坂村にある一軒の大きな民家が経営する「やまぶきの里」へ4月7日にヨガの仲間と「食事のお誘い」の下見に行ってきました
c0148762_825567.jpg

入り口も何の変哲もない普通のお家です
c0148762_832313.jpg

     玄関を入るとこの額が目に入りました
そうそう!黄金の百歳を心身ともに全うできれば最高です
c0148762_838820.jpg

           お茶とお菓子が出ました
c0148762_8394974.jpg
c0148762_8413029.jpg

            お腹に優しいおかゆセット
c0148762_845695.jpg

                 揚げ餅セット
「おかゆ」と「揚げ餅」の違いで他の料理は同じなので欲の深い私はお連れの人と半分ずつ頂く事にしました
揚げ餅も大根おろしに薄味のお出しが入ってこれも胃に優しく美味しかった
c0148762_8524698.jpg

デザートに「コーヒー&くるみ餅」をいただくことにしました
先生をふくみ6人が2時間たっぷりくつろぐぎ話も弾んだ楽しい一時でした。
[PR]
by mekkemonn | 2010-03-29 09:02 | ランチタイム
青空が広がる好天気となり近くの公園までウオーキングしました
c0148762_7505488.jpg

風は少々冷たいけど歩くうち風も爽やかに心地良い気分です。
[PR]
by mekkemonn | 2010-03-28 08:02 | 花と実
奈良市法蓮町にある「聖武天皇陵」を訪れる
c0148762_10143490.jpg

            松並木が綺麗な天皇陵参道です
c0148762_94195.jpg
c0148762_9412384.jpg

第45代聖武天皇: 父 第42代文武天皇 母 藤原宮子
c0148762_947569.jpg

参道を右に進むと聖武天皇の皇后「光明皇后」の陵墓があります
c0148762_9522734.jpg 
c0148762_1018483.jpg










   「仁正皇后陵・光明皇后
c0148762_10202138.jpg

仁正皇后陵」より大仏殿と興福寺の五重の塔を望む
c0148762_10214978.jpg

c0148762_1025470.jpg

奈良らしい鹿さんに会えましたよemoticon-0105-wink.gif
雨が降ったりお天気になったりでややこしい一日でしたemoticon-0107-sweating.gif
[PR]
by mekkemonn | 2010-03-27 10:28 | 歴史探訪
c0148762_8582420.jpg

            ステンシルで切り抜きました。
[PR]
by mekkemonn | 2010-03-26 09:01 | 絵手紙
鬱陶しい雨降りが続きますのでお花見もままならず・・・emoticon-0106-crying.gif
raymariの高尾山のお花をいただくことにします。
c0148762_954887.jpg

こんなに可愛いお花が気が付かないほど小さなお花だとは思いませんでした
c0148762_9594277.jpg

                 「ハナネコノメ」
c0148762_1015917.jpg

              「ヨゴレネコノメ」
いえいえ!名前に似合わず可愛いですよemoticon-0109-kiss.gif
c0148762_10505.jpg

               「コチャメルソウ」
c0148762_1012347.jpg

c0148762_1016199.jpg

                「アズマイチゲ」
c0148762_1017435.jpg

               「ニリンソウ」
珍しい生では見たことのないお花を画像にて見ることが出来ましたよemoticon-0100-smile.gif
「ニリンソウ」はわが家の鉢植えで今蕾ができてるよemoticon-0105-wink.gif
[PR]
by mekkemonn | 2010-03-25 10:22 | 登らない登山

仏の座 10.3.

c0148762_992341.jpg

別名「三階草」春の七草の一つ
花の下にある葉は茎を包み込むようになっていて仏の「蓮華座」に見立てた名前だそうです。
[PR]
by mekkemonn | 2010-03-24 09:18 | 絵手紙
c0148762_7115434.jpg

c0148762_7123817.jpg
c0148762_7142276.jpg

買い物に行った某スーパーの改装イベントで子供たちの喜ぶゴレンジャーと怪獣?の対決シーンを見て
思わず吹きだし笑ってしまう子供の可愛いしぐさをみた。
[PR]
by mekkemonn | 2010-03-23 07:23 | 風景

業平道 10.3.19

c0148762_2125475.jpg

c0148762_1644468.jpg

この道は平安時代の歌人「伊勢物語」の主人公として百人一首で有名な「在原業平(ありわらのなりひら」(828-880)が天理の櫟本(いちのもと)から大和郡山ー安堵町を通り河内の高安(現在の八尾市)まで「河内姫」のもとへ通った道です。


       ちはやぶる 神代もきかずたつた川
                   からくれないに水くくるとは

業平の代表的な和歌がです。
このあと業平の姿見の井戸があることを知り行ってみました。
c0148762_173083.jpg

横にあるお堂は「日切地蔵尊」が祀られており奥にある今は青いシートに覆われているのが井戸で中を見ることが出来ませんでした。
業平が河内姫を訪ねる際にいつもこの井戸で姿をうつしたとか・・・
井戸は5mほどの深さがあり立派な石組みがされているそうです。
弘法大師が五百番目に掘られたとも言い伝えられ「ごひゃく井戸」とも「弘法井戸」とも言われているそうです。
[PR]
by mekkemonn | 2010-03-22 17:25 | 歴史探訪